梱包を工夫する【イムラ封筒を使って興味を引く】

インク

オリジナルの封筒を入手

封筒

書類を入れる封筒は自社オリジナルのデザインにすると様々なメリットがあります。業者の選び方としては、防水などにこだわるか、デザインを重視するかで変わってくるので、都合のいい大手業者を選びましょう。オリジナルの封筒印刷を行い、配布する書類を見栄えのいいものにしていくべきです。

配布品を用意する流れ

紙袋

イベントなどで配布する紙袋は業者に依頼すると手軽に用意可能です。印刷を依頼する流れの始めは、デザインを決めるデータ入稿となっています。ラフでも業者のほうで見栄えのいいものに仕上げてもらえるので、納得できるデザインにしていきましょう。届いた箱はかなり重く、事故がおきやすいので注意が必要です。

より魅力的なグッズ開発

ノベルティ

用意されているオリジナルノベルティ用グッズは業者ごとに異なるため、まずは何を製作するか候補をピックアップします。インターネットを利用すると選定しやすくなります。価格で比較する場合、産地や素材も確認して選びましょう。入稿で指定されるソフトやファイル形式も選定基準として重要です。

見せ方を工夫できる

封筒

開封したくなる封筒

サービスや商品などを宣伝するときにはDMが有効的です。どの世帯も一日一回は必ずと言っていいほど郵便受けを確認するため、DMによって企業のサービスや商品を知ることができます。しかし、DMの梱包方法によっては中身を確認せずに捨てられてしまうこともあるのです。DMは企業の宣伝に一躍買ってくれるものですが、受け取る側が気持ちよく受け取らないとただのゴミになってしまいます。どこにでもある普通の封筒で送っても、受け手の興味を引くことができません。イムラ封筒によるDMの梱包であれば、受け手に興味を持たせて開封させることができます。イムラ封筒では中身に興味が出てくる梱包方法を心掛けてくれます。DMの内容によって効果的な封筒を変えられるので、DMを送るときに重宝します。DMを全透明の封筒で覆えば、派手な内容のDMをより際立たせて興味を持たせることができます。封筒自体に特徴を出すこともできます。デザイン性の高いフルカラーの封筒であれば、中のDMにも興味を持って開封してくれることもあるのです。イムラ封筒では封筒に特殊な窓のような加工を施してもくれます。封筒の一部分に半透明の窓を作っておけば、中のDMのデザインとの兼ね合いでより目立つDMを作ることができるのです。読まずにゴミとして出されやすいDMでも、イムラ封筒で工夫することで興味を持ってもらうことができるのです。効果的なDMの宣伝のためにはイムラ封筒による梱包が最も適しているといえます。